ネットショッピングでの支払い方法3種類。上手に使い分けよう

ネットショッピングで使われる支払い方法は、主に3つあります。銀行振込、代引き、クレジットカード払いです。
いずれの支払い方法も特徴が異なりますので、それぞれの支払い方法の違いを把握して上手く使い分ける良いでしょう。

 

 

arrow 銀行振込は、自分の銀行口座からネットショップの口座へ振込をして支払う方法です。クレジットカードを使いたくない場合でも迅速に支払いができますので、利便性が高いと言えるでしょう。ただし、買い物をする度に振込の手続きをしなければいけませんので、頻繁に利用する店舗ではやや使いにくい事もあります。

 

利用する際は、振込手数料の発生に気を付けましょう。ネットショップと同じ銀行の口座同士であれば手数料がかからない例も多いですが、違う銀行の口座に振込すると手数料が発生する事が多いものです。事前に、銀行の振込規則を確認しておきましょう。

 

 

ネットショッピングで購入した商品

arrow 代引きは、荷物が届いた時に支払う方法です。運送ドライバーに料金を手渡す方法が主流ですが、現在はコンビニで荷物と料金をやり取りできます。銀行振込やクレジットカード払いと違い、現金を直接手渡しするのが特徴です。商品を手にすると同時に支払う形になりますので、3つの支払方法の中で一番、店頭で商品を購入するやり方に近いと言えます。

 

利用時は、多くの場合で代引き手数料がかかるものです。ただし、ネットショップでの購入金額やキャンペーン等により、手数料はかからない例も多くあります。利用する際は、事前にネットショップの料金体系を確認しておきましょう。

 

 

arrow クレジットカード払いは、クレジットカードの情報を入力して支払う方法です。ネットショッピングの場合は店舗で買う時と異なり、クレジットカードをスキャナーに通しません。そこで、購入時に専用の入力フォームへクレジットカードの情報を入力する事になります。一度入力すれば次からは自動で支払い手続きをしてくれるので、頻繁に利用するネットショップで便利なものです。ただし、カードの情報漏えい等のリスクがある事は把握しておきましょう。

 

 

クレジットカード払いは、銀行振込や代引きと違って手数料は生じないメリットがあります。また、同じクレジットカードでもデビットカードを使えるネットショップも多くあるものです。銀行口座にある分だけ買い物ができますので、使い過ぎを自然に予防できます。

 

ネットショッピングを利用する際は、購入するネットショップに応じて銀行振込と代引きとクレジットカード払いを使い分けると良いものです。いずれの支払い方法も長所と短所がありますので、状況に応じて賢く使い分けましょう。